インビザライン

インビザラインとは?

インビザラインは1998年から市場に参入した透明アライナー矯正ブランドです。従来の矯正器とは異なり、インビザラインはほとんど目立たず、プラスチック製のトレーを歯から希望の場所へ徐々に移動させられる治療法です。また、この治療法では定期的にプラスチック製のトレーを取り替えます。(だいたいは1~2週間ごと)

インビザラインの治療を受けられる症状にはどのようなものがありますか?

インビザラインが治療できる症状例:

  • 開口
  • 過密歯
  • すきっ歯
  • 軽度の反対咬合、交叉咬合、過蓋咬合
  • 軽度の出っ歯
  • 軽度の乱杭歯や捻転歯

インビザラインの治療過程はどのくらいかかるの?

インビザラインの治療工程は4つのステップに分けられています。

  • 診察:最初のステップでは、インビザラインの治療を提供できる資格を持った歯列矯正医による診察があります。診察では、歯科専門医による診断や希望する結果について尋ねられます。次に、歯の写真が撮られ、レントゲン写真も撮ります。虫歯や歯周病の兆候があるかどうかの検査も行う場合があります。歯の診察を終えた後は、専門医によってインビザライン治療に適しているかの通達があります。
  • 型取り:次の予約の際に、歯科専門医がデジタルスキャナーで歯をスキャンします。スキャンでは機器を使って歯を調べます。この工程では痛みは無く極めて素早く終わります。ここで、プラスチック製の型を取り除く必要があります。スキャンが完了したら、口腔の3Dイメージがスクリーンにアップロードされます。この3Dイメージを使って、専門医がインビザライン治療の効果をシミュレーションすることで、大まかな仕上がり予想をご覧いただけます。その後、インビザラインラボに送られる治療計画が練られます。そして、インビザラインラボが送られてきた治療計画を基にアライナー矯正トレーを作ることになります。トレーが出来上がったら、専門医に送られます。
 
  • トレーのフィッティング:トレーが届いたら、K Family Dentalからご連絡を差し上げます。トレーの最初のフィッティングは、K Family Dentalへ来院された際に、行われます。専門医はアライナー矯正を適切な位置に固定し、歯の移動を補助するためにボタン(小さな歯科用留め具)を利用します。インビザラインのテンプレートを歯に被せる際、コンポジットレジンでの調整が必要になるかもしれません。テンプレートを適切な場所にはめ込んだ後、専門医が取り除きます。テンプレートを取り除いた後はボタンのような留め具が歯に装着されたままになります。この留め具によって矯正器が歯の位置を適切に調整します。痛みの無い工程で、完了すると最初のアライナー矯正トレーを手に入れたことになります。

     

  • 新しいトレーと留め具の点検:K Family Dentalが、トレーが適切な位置にあるかどうか見るために、留め具点検のスケジュールを組みます。(だいたいは4~6週間ごと)1~2週間ごとに矯正トレーは新しいものへ取り替えられます。アライナー矯正トレー交換頻度は治療期間と歯の移動によって変わります。

インビザライン治療の期間

インビザラインの公式ホームページでは治療の平均期間を12~18か月としています。しかし、治療期間は結局のところ、治療しようとしている歯の問題や、年齢、医師の指示に従うか、によります。

K Family Dentalは毎日できるだけ長く、インビザラインアライナー矯正を装着することを推奨します。取り外すのは飲食の時のみなのが理想的です。K Family Dentalの専門医の指示を留意することが重要です。指示に従わなければ、治療期間が長くなる可能性もあります。

15か月で1~2週間ごとにインビザラインのアライナー矯正トレーを取り替えた場合、33~65個のトレーが必要になります。総数は治療期間や専門医がどのくらい取り替えを勧めるかによります。

だいたいの場合、インビザライン治療の効果が見え始めるのは6か月を過ぎた頃です。その為、治療中に問題が生じた際は、K Family Dentalで我々にご連絡ください。